読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

僕は僕の人生がつまらないと気づいてしまった

Only you can free yourself.

25歳のゲイの個人ブログ

f:id:chuck0523:20150903021922j:plain

 

最近、新しく友人ができた。

彼は29歳で、貿易関係の仕事をしている。帰国子女で英語が喋れる。そして僕とおなじくゲイだ。

仮にJくんとする。

 

この土日はJくんと過ごした。彼と会うのは4,5回目くらいだと思う。

 

 

土曜日はふらーっと街を歩いた。

 

まずは表参道のアップルストアに行って、ブルーボトルコーヒーというカフェに行った。

 

ガラス張りでかっこいいアップルストア

f:id:chuck0523:20150903022945j:plain

 

地下もある。

f:id:chuck0523:20150903023007j:plain

 

 

ブルーボトルコーヒーは路地を少し入ったところにある。

f:id:chuck0523:20150903021210j:plain

 

おしゃれなメニュー。

f:id:chuck0523:20150903021647j:plain

 

シンプルでかわいいガラスのコップ。

f:id:chuck0523:20150903021257j:plain

 

これは通りかかった国連大学前のおまつりの写真。かわいい仔ヤギがいた。

 

f:id:chuck0523:20150903021727j:plain

動物っぽい良い匂いがした。

 

それから渋谷のカラオケに行った。彼が無料券を持っていたから、2時間ただで歌えた。

 

その後は、六本木でアメリカ料理を食べた。

f:id:chuck0523:20150903021752j:plain

 

デカイオニオンとデカい肉を食べた。

f:id:chuck0523:20150903021823j:plain

こんな美味しいものがこの世にあるのかと驚いた。

 

カクテルも美味しかった。

f:id:chuck0523:20150903021922j:plain

まるでデートみたいだと思った笑

 

 

それから日曜日は代々木公園に行った。おなじみのLGBTミートアップだ。今回のイベントは今までで一番大きかった。たぶん50人はいたと思う。それがほとんど外国人なんだから驚く。

今までは1人で参加していたんだけど、今回はJくんを誘った。

 

肝心のイベント風景を撮りそこねた…

f:id:chuck0523:20150903022114j:plain

 

Jくんは最初は「英語喋れないふりしようかなw」とか言ってたけど、すぐにペラペラ喋っていた。帰国子女だけあって、ぜんぜん問題なく溶け込めてた。さすがだ。

 

僕はというと、相変わらず必死だったw でも、少しは喋れるようになったのかなと思う。それもルークやJくんのおかげだ。

ちなみに、ルークは3月にイギリスに返ってしまうらしい。悲しい…。でも、ちゃっかり日本人のイケメン彼氏をゲットしていた。ずるい。

 

 

最後に、2人とLINEを交換した。ニュージーランドから来た同い年のゲイの子と、もう一人の人と。

予定合わせて遊びにいきたいな!

 

そんなわけで、この土日はめちゃめちゃ楽しかった。それもこれもJくんのおかげだ。

 

 

〜〜ここまでが週末の記録。この先はただの考え事。〜〜

 

楽しい土日が終わり、そして気づいてしまった。

ひょっとして僕の人生ってつまらないんじゃないかと。

 

六本木でJくんとディナーを食べているとき、いろんなことを話した。彼は大きなバックグラウンドを持っている。そして僕はと言えば、最近ようやく自分の人生を歩き始めたところだ。今のところは人生たのしい。でも、先のことは分からない。

 

プログラミングは好きだ。でも、仕事としてのプログラマーってどうなんだろうと時々疑問になる。

プログラミングとプログラマーって、絶対的に違う。プログラミングはまあ楽しい。でもプログラマーという仕事は、職場や環境、業績なんかに大きく左右されてしまう。

それがこの1年での気づきだ。

 

でも、プログラマーはもう少し続けたい。まだまだ学ぶべきことがたくさんある。

そして同時に、次にやりたいことを見つけつつある。なんとなく、日本語教師なんか面白いかもと考えている。

ミートアップで会う外国人の中には、日本語を勉強している人がたくさんいる。そんなとき僕が日本語をしっかり教えることができれば、お互いに嬉しい。英語と日本語を交換できる。

 

そんな折に、大学の友人から連絡があった。年始に会った以来だ。

なんと彼は日本語教師を目指しているらしい!タイミングの良さにビックリした。再来週に会う予定だ。たぶん、僕の大好きな2丁目のアンカーに行く。

今から楽しみだ。

 

でも相変わらず僕は出社する。朝から晩まで一人でタイピングする。ほとんど誰とも喋らず、1日を終える。

前まではそんな生活は普通だと思ってた。むしろ幸せな方だと。でも今はダメだ。どうしても、プログラミングのイベントやミートアップで会う人の顔が浮かんでくる。

日本人でも外国人でも、今を楽しんでいる人はたくさんいる。一方で、考えることを忘れて嫌々働いている人もいる。

 

こうなりたいと思える人たちと、こうはなりたくないという人たち。いま、僕の周りにはそんな人たちが半分ずつくらいいる。

前回、メンターについて書いた。僕には1人だけメンターがいると。でも、メンターなんてとんでもない。この世は大人の見本市だ。

 

耳を澄まして一歩踏み出せば、自分の進むべき道が見えてくる。

 

いよいよクリアになってきた。楽しい方向へ、ちょっとずつと人生を向けていこう。

 

 

こんなこともあった

chuck0523.hatenadiary.jp

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

chuck0523.hatenadiary.jp

  

chuck0523.hatenadiary.jp

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

chuck0523.hatenadiary.jp