読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Only you can free yourself.

25歳のゲイが自由になるまでのブログ

あなただけがあなたを自由にできるの

仕事・会社 ブログ運営 雑記

f:id:chuck0523:20150822220638p:plain

 

こんばんは!chuckです。土曜日ですね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

僕はずっとプログラミングをしていました笑 まあ最近は外にでることが多いので、たまにはこういう日も必要だよね!ってことで!

 

先日ある会社に遊びにいかせていただいたので、会社訪問の感想と、転職への思いを書きます。

 

 

会社に遊びに行く前

転職サイトのGreenに登録したのは、以前にこの記事でお話したと思います。

chuck0523.hatenadiary.jp

 

あんまり言うべきではないのかもしれないけど、もうね、すごく「気になる」される。※気になる=企業から求職者への「イイね!」

やっぱり若いって素晴らしいですね…(´;ω;`)

僕なんてまだ入社1年目ですよ。スキルはちょっとだけあるけど、実務経験なんてほとんどない。それでも1日あたり4,5件の「気になる」が来るんだからありがたいもんです…。

 

そして、今週とある会社に遊びに行ったのですが、その会社も「気になる」してくれた会社でした。

僕のプロフィールを読んで気になったとのこと。プロフィールに技術ブログやGithubへのリンクを貼っておいて良かった!

その会社の求人を読むと、たしかに僕のやりたいこととマッチしている。というわけで、日程を調整していただき、遊びに行くことになりました。

 

遊びに行った日

木曜の夜、仕事が終わった後に訪問してきました。大きてくきれいな会社でびっくりしました。今の会社が小さい会社なので、それだけでドキドキしましたヽ(´Д`;)ノアゥア…

それから、別室に通されて待つこと1分ほど。MacBookを持ったピンクのTシャツのお兄さんが入ってきました。

会社や採用の説明が始まるかと思いきや、そんなことはなく、まずはプロフィールに関する話から。技術ブログを書いてる理由とか、最近勉強している言語とか。他にはもちろん、いまの仕事についての話も。

ぜんぜん堅苦しい感じではなく、ふつうに楽しい雑談という感じでした!いやあ、ホントに良かった。技術について盛り上がりながら、なんとなーく会社の雰囲気も知ることができました。このシステム最高ですね!

しかも何より、向こうは僕に興味を持ってくれている!!なんて気が楽なんだろう…(´;ω;`)

 

遊びに行ったあと

「ぜひ選考プロセスに入りたい」とのフォローアップをいただきました。正直、すごく迷っている。さくっと転職を完了させたい気持ちがある。一方で、いろんな会社を回ってみたい気持ちもある。

実はすごく気になってる会社があるんだけど、そこだけは遊びに行ってみたいなあ…。小さい会社なんだけど最新の技術を取り入れていて、メンバーさんたちも面白そうな方ばかり。

その会社は僕の方から「気になる」をして、そしたら「良かったら遊びに来ませんか?」というメッセージをいただいた。求人のステータスが「人気!」になっていて、それはつまり応募が多いということで、メッセージをいただけてホントに嬉しい。来週の平日で日程を調整してもらっている最中で、今は返信待ちの状態。

その会社に行ったらまた気持ちが変わっちゃうんだろうな…(ヽ´ω`)

 

あと、「選考プロセスに入りたい」への返信も考えあぐねている最中。どう返信したらいいんだろう。本音を言えば「とりあえずキープで!」だから、それを上手いことビジネスライクに仕立て上げる必要がある。こういうの苦手だ。。。(・・;)

※もちろん、結果的に不採用になる可能性だってあると思います

 

あなただけがあなたを自由にできるの

そして本題(?)。あなただけがあなたを自由にできるの。

このブログのタイトルOnly You Can Free Yourselfですが、日本語にするとこんな感じなのではないかなと。

そもそもこのタイトルの由来はこちらです。

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

AviciiのI could be the one という曲が好きすぎて、PVに出てくる「Only you can free yourself」という言葉が刺さりました!

 

あなただけがあなたを自由にできるの。

ボーカルが女性なので、なんとなくこんな翻訳になりました。

 

たぶん、今回の転職っていままでの人生でいちばん大きい決断。大学進学や上京とはわけが違う。だって、悲しむ(あるいは怒るかもしれない)人がいますもんね。

今の職場の人たちに「辞めます」って言うのホントに辛い。今から胸が苦しくなる。しかも辞める理由が「採用している技術が古いから」とか「プログラミングの話で盛り上がれる人がいないから」ですもんね…。

 

でも、他の誰も、僕の代わりに僕を転職できない。(日本語がおかしい)

つまり僕だけが僕を転職させることができる。

 

かつてない大きな決断だ。痛みを伴う大きな決断だ。でもやるって決めました。

そんな決意を新たにした記録でした。Aviciiを聴いてブログを読み返して、自分を奮い立たせるヾ(`Д´)ノ"

 

まとめ

  • 会社見学サイコー!
  • 他の会社も見ておきたいかも
  • あなただけがあなたを自由にできるの
  • 僕だけが僕を転職させることができる
  • Avicii最高!

 

関係あるかもしれない記事

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

TOPへ