読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Only you can free yourself.

25歳のゲイが自由になるまでのブログ

これが23歳、男子学生の食料だ!〜ゲストハウスで自炊するということ〜

ゲストハウス時代 生活・自炊・筋トレ

こんばんは、chuckです。

 

先ほど雨の中買い出しに行ってきました。

せっかくなのでブログで晒します。笑

 

f:id:chuck0523:20141005210108j:plain

(共有部分にて食材を広げる迷惑な23歳。)

 

買ったのはこれら。

①ビーフカレー辛口(レトルト)×3

カルボナーラ

③バジルソース

④インスタントラーメン(5袋入り)

⑤焼豚チャーハンのもと

⑥エノキ

⑦野菜ジュース

 

計:およそ1,200円。

 

 

これでだいたい3日分くらい。

 

うん、やっぱり自炊は安い!

 

☆☆☆

 

さて、ちょっとゲストハウスの話も。

 

ゲストハウスに来て良かったことの1つは「生活のハードル」が下がったこと。

 

例えば、毎食インスタントラーメンの人がいる。

 

「あっ、これでも生きていけるんだ」と驚きました。

 

ま、さすがにそれじゃまずいとは思うけど笑

ちょっとずつ野菜とか汁物も、導入していくつもりです。

 

 

だから、究極的にはレトルトやインスタントでいいんだ。

そういう思いが根底にあるので、自炊のハードルがめっちゃ低いです。

 

☆☆☆

 

あと、「ささっと料理する」のもゲストハウスの特徴。

 

僕の住んでるフロアには11人の住人がいる。

生活リズムが微妙にずれてるので、一気にキッチンがごった返すことはない。

 

それでも、かぶることはある。

料理してる最中に住人さんがやってきて「あっ...」ってなることが良くある。

 

だから、のんびりしてる余裕はない。

メインを作って、サラダも作って、スープも作って...

そんな悠長なことはしてられない。

 

でも、逆に言えば「さくっと料理するスキル」がつくのかもしれない。

 

僕はもともと完璧主義的なとこがある。

だから、ほどよくタイムリミットがある今の自炊は性に合ってるのかも。

 

 

そんなわけで、これからは早くシンプルな自炊を極めていきますw

 

 

では、おやすみなさい〜。

 

明日からもがんばっていきましょー!

TOPへ