Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

【マドモアゼル愛】僕たちは震えながらもピアノを弾くしかない【挑戦は常に不安】

どうも、ゲイブロガーのchuck (@chuck_blogger) です。

 

僕の敬愛するマドモアゼル・愛先生が素晴らしいことを仰っていました。感情と人生の挑戦について。非常に共感したのでこの記事で引用します。

 

怖がりながらも挑戦するすべての人へ。

 

 

マドモアゼル・愛先生とは

マドモアゼル・愛先生とは。エッセイストで占星術師。テレフォン人生相談の回答者としておなじみです。

最近はユーチューブでも活躍されています。

www.youtube.com

  

マドモアゼル・愛「感情の法則」について

そんなマドモアゼル・愛先生より。「感情の法則」の回がこちら。

 


不安や恐怖、、、怖いけど怖くなくなる「感情の法則」

 

人間の「感情」についてお話されています。感情には法則があり、これを理解するだけで感情に飲み込まれないで済む、という話です。

 

法則1. 感情は理性で抑えることができない

まず、感情は理性で抑えることはできない。

 

しかし私たちは「怒っちゃいけない」「がんばらなくちゃいけない」など、感情を理性で抑えようとします。しかし、抑えようとすればするほど、感情は強まる。

 

法則2. 感情は時間とともに薄れていく

そして、感情は放っておけば、時間とともに薄れていきます。悔しさや喜びは時間とともに弱まっていきます。

 

法則3. 感情は刺激するほど増大する

そして、感情は刺激するほど強化されます。

 

「あの悔しさが忘れられない…!」という人は、その悔しさを常に覚えて刺激しているから。 「あの人が嫌い」と公言すればするほど憎しみは強まっていきます。

 

以上が、感情に関する3つの法則です。

  

感情の法則の具体例「不安について」

ここからは感情の法則を用いた具体例について。動画では「不安」を具体例にとって説明が為されます。 

  

観客はカボチャじゃない

例えば、ピアノの発表について。手は敏感なので、どうしても緊張のために震えてしまう。

観客はカボチャじゃない、と言ってくれるマドモアゼル・愛先生に大共感。

 

怖いものを隠すことはできない。感情の事実を認めず、そこに妙な理性を持ち出すと嘘になってしまう。無感動や無関心を装うことになり、全能力を発揮することはできなくなります。

そうなれば、失敗する、あるいは本当の実力を出すことができなくなります。

 

アガっていることを認める

緊張のために恐怖を感じて、アガってしまうことはあります。だけど、それを認めるしか無い。

ピアノを辞めるという道もある。それを選ばないなら、恐怖を感じながら、怯えながらやるしかない。 僕たちは震えながらピアノを弾くしか無いのです。

 

人生の終盤の後悔

終末介護の現場で最も聞くことは「やらなかった後悔」。

 

今日できなかったことが明日できるわけがない。何か挑戦する時に怖かった、 恥ずかしかったかもしれない。

そこから逃げると守りの姿勢に入ってしまいます。何を守っているのかもわからないままに。

 

以上、感情の法則と不安についてでした。

 

まとめ: やりたいことはやってみる

マドモアゼル・愛先生の「感情の法則」について書いてきました。動画では、以下のように締めくくられます。

 

「やりたいことがあるならば、感情のままに、恐怖のままに、不安のままにやっていく以外の道はない。

怖がりながらもできたという時に初めて、自信が湧く。自信がついてからやろうと思うと、気づいたら90歳になっている。

 

挑戦は常に不安。失敗するとしたら、個別具体的な原因がある。

不安でも乗り越えて一生懸命やった人を、人は応援したくなる。人間関係が上手いとかそうではない、という話ではない。」

 

本当に仰るとおりで。

失敗を恐れずに挑戦してみることは大事だと思います。特に若いうちにね。やらなかった後悔は一生モノです。

 

是非、マドモアゼル愛先生の「感情の法則」を見てみてください。本当に良いことを仰っています。

 

www.youtube.com

 

このブログを書いている人

ゲイ・LGBTについて日々考えています。良かったらフォロー・購読どうぞ!

twitter.com

chuck0523.hatenadiary.jp

 

似ている記事

マドモアゼル・愛先生より。

「人生で何もかもうまくいかない人に欠けているもの」 について。

chuck0523.hatenadiary.jp

 

マドモアゼル・愛先生より。

 「自分に自信が無いのは、人生で能動的な選択をしてこなかったから」。

chuck0523.hatenadiary.jp