読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Only you can free yourself.

25歳のゲイの個人ブログ

僕がなんのために働くのか考えてみる(ゆるめ)

仕事・会社 雑記

どうも!chuckです。

金曜の夜ですねw みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

僕はいま転職活動中なのですが、ちょっとここで「なんのために働くのか」を考えてみようと思います。

 

 

結論から言うと、僕が働く理由って3つあるなと思い至りました。

  1. お金のため
  2. スキルアップのため
  3. 楽しむため!

順番に見ていきます。

 

1,お金のため

これは言わずもがなですよねw

まあお金ほしいです。一人暮らしですし、お金かかります。

大学生の頃はわりとぼっちだったんですが、最近はありがたいことにお友達ができました。なので交際費という謎の勘定に戸惑っています。

毎週友だちと遊んでたら、それだけで2〜3万円かかっちゃいますねヽ(´Д`;)ノアゥア…

 

そういえば学生の頃、長期インターンをしていました。「成長のため」という名目でなかなか低賃金でした。8時間くらい働いて日給4000円くらいだったような…(今思えば完全にアウト)

今じゃあ絶対無理ですね…w いくらやりたいこととはいえ、生活できるだけのお金は欲しいです。

 

というわけで、働く目的その1は「お金」です。

 

2,スキルアップのため

僕は海外で働くのが夢です。そのためには英語はもちろん、プラスαの武器が必要です。
そこで思いついたのがプログラミングでした。独学してから、憧れを持ってこの業界に入りました。

なので、スキルアップにならない職場はちょっと。。。まあ、それが今の職場なのですが…。

 

でも、このスキルってやつは曖昧で、数値化・言語化が難しいですね。これをどうやって測るのかについて、最近は考えたりしています。

今は「転職サイトでどれくらい企業からメッセージが来るか」がひとつの基準になっている気がします。でもそれって純粋な技術力よりは、「若さ」だけでちやほやされてるっぽいケースも多々あって、あんまりあてにならないかも。。

まあ、海外のハイレベル求人に引っかかるくらいの技術力は欲しい。スキルアップは、働く目的その2です。

 

3,楽しむため!

これ最近気づきました。僕は仕事で楽しみたいんだと。

すごく抽象的で申し訳ないんですが、仕事中に笑っていたいです。ふとした休憩中やランチタイムで、職場の人と楽しく話していたい。

人間関係ってほど堅苦しくないけど、やりがいってほど熱くもない。ただ「楽しみたいな」と思います。

 

今の職場って、けっこう淡々としてる。みんな無言で作業してることが多い。(そのわりに残業してるのは何故…)

年齢層も高いし、話も盛り上がらない。職場の人とランチに行ったのは1回だけ(1回だけ!)

 

学生の頃を振り返ると、長く続いたバイトは人間関係が良かったところ。(当たり前かw)

でも、当たり前のことだけど、フルタイムで働く場所だからこそ、気楽にやりたいですよね。手は抜かず肩の力を抜いて。

 

だから、それなりに「ゆるく楽しい雰囲気」って僕にとってはすごく大切だなと気づきました。

 

 

まとめ

書いてみて気づいたんですが、すごくぼんやりとした文章ですねw

消去しちゃおうかなとも思ったけど、でもやっぱり公開します。

 

僕は就活をしていないためか、志望動機というか、仕事論みたいなものがホントに曖昧だなーと感じています。今回書いたこともすごく当たり前なことですもんね。

就活をしていない弊害が来ている…。

 

実は来週の木曜に、面接を受けてきます。こんな仕事観で大丈夫なのかな…。まあでもやりながら考えます。転職活動の中で固まっていったらいいですね。くらいの気持ちで。

 

なので、今回書いたことはまだまだ下書きくらいに考えています。

でもひとつ言えることは、実際に働いてみないと分からないですね。今の会社だって、働き始めた頃は「最高!」と思ってた。でも、長くいると嫌なとこも見えてしまうし、自分だって変わってしまう。

 

だから、就活の弊害があるとはいえ、今のタイミングで職探しを始められてすごく良かったのかなと考えています。すこしは会社選びの判断基準ができました。

 

続きは面接を受けた後にまた書こうと思います。

 

関係ありそうな記事

 

chuck0523.hatenadiary.jp

  

chuck0523.hatenadiary.jp

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

chuck0523.hatenadiary.jp

  

chuck0523.hatenadiary.jp

 

TOPへ