読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

初めてのHTMLコーダーとしての職場は、ひょっとしたらかなり良い会社かもしれない。

Only you can free yourself.

25歳のゲイの個人ブログ

 a0002_001656.jpg

 

こんにちは!chuckです。

 

スタバでワンモアコーヒーを飲みながら更新しています。笑

 

さて。

HTMLコーダーとして初出勤を終えました!

ので、記録します。

 

 

できないこと噴出。

まず、僕の仕事は「既存のページのレイアウト変更」でした。

「こうしてほしい」というレイアウト図があり、その通りに直していく。

 

レイアウト図によると、新規の要素はほぼゼロ。

今までの要素を組み換え、装飾もちょっと変えるだけ。

そんな仕事を任されました。

 

僕の感想は、

「あれ、案外カンタンそうじゃない?」(思い上がり)

 

なぜなら、なんとなーくやり方が見えたから。

「float(要素を横並びにしたいりする)とか、margin/padding(余白の調整)で、ちょちょいと修正するだけでしょ?」

そんな舐めた感情が湧きました。

 

 

しかもページ全体のレイアウト変更ではなく、

「まず、この一部分だけやってみてね^^」とのこと。

 

 

 

が、いざやってみると、、、、

 

 

できない。

 

というより、コード(サイトへの命令文)は書けてるはずなのにちゃんと作用しない。。

 

 

インライン要素とブロック要素の理解がしっかり出来てなかったみたいです。

丁寧に教えていただきました。。(涙)

 

あと、子要素(部品)だけじゃなく親要素(入れ物)にもfloatを指定しなくてはいけない、など。

 

いきなり自分の能力不足を実感しました。

 

 

それでも優しい職場。(涙)

ここでも書いたんですけど、面接では採用されたい一心でした。

 

「HTML/CSSはバッチリです!」

それくらいの勢いでハードルを突き上げました。

 

でも、実際はまだまだ勉強が必要。。

 

けれども、優しく丁寧に教えてくださる先輩方。

わざわざ紙に書いて説明していだだいたり。

 

そのレイアウト変更についても「11月までにできるようになればいいから^^」とのこと。

 

なんだか「長い目で育てていこう」という空気を感じます。

部署間のやりとりも頻繁、オフィスも綺麗。

 

「変わってる人が多いけどよろしくね。」

社長から、そんな風にハニカミながら挨拶されました。

 

ひょっとしてすごく良い会社かも。

 

 

 

 コードは綺麗に書こう。

えっと、話を戻して。

コーディングの話。

 

コーダーとして働いてみて、初めて人のコードを見ました。

 

もちろん、企業のHPのコードも見たりしてたけど。

いわゆる生のコード?は初めて見ました。

どこかの誰かが作った、これから僕が書き換えていくコード。

 

先輩いわく、そのコードは超汚い。とのこと。

たしかに、インデントも何もあったもんじゃない。

 

でも、僕もまだまだ初心者だし、人のこと言えない。。笑

 

それでも、他の誰かが見るんだし「僕は綺麗にコーディングしよう!」。

そう思いました。

 

 

以上、初出勤の記録でした!chuckでした。

 

また台風来るみたいですね。皆さんお気をつけて〜。

 

画像引用元:(http://ameblo.jp/at-nomad/entry-11596834847.html