Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

ゲストハウスの内見に行ってきました。

f:id:chuck0523:20140918202036j:plain

引用元:(the truth about succeeding. | Quotes | Pinterest

 

こんにちは!chuckです。

 

今日、ゲストハウスに見学に行ってきました。

ゲストハウスの内見決定。 - chuckのゆるゆるライフ

 ので、レポします。

 

 

あのエリアに行くのは2回目。

前回行ったのは先月。下見を兼ねて恋人と遊びに行きました。

 

なので、迷うことなく着きました。

 

対応してくれたのはおとなしそうな方。

おじさんでもなく、若者でもなく、30代くらいでしょうか。

あんまり目を合わせてくれず、大丈夫かな??と不安に。笑

 

そして、内見。

僕が希望したのはドミトリーでした。

ドミトリーは2つのフロアがあるとのこと。

エレベーターに乗って、まず1フロア目へ。

 

扉を開けると、いきなりドミトリー部分。

短い廊下を想像してもらえれば分かりやすいと思います。

その両脇に二段ベッドが並んでいました。

全部で5コくらい?なので、10人ほどの人が住めるようです。

 

で、快適さなんですけど、それほど不快さはなかったです。

ある程度の匂いは覚悟していたんですけど、ぜんぜん大丈夫でした。

照明も、明るすぎず暗すぎず。

 

ロッカーもあり、僕の荷物は全部収まりそう!

 

そして、共用部分へ。

食卓がひとつに、椅子が3つ。

そこからキッチンとトイレとシャワーに行ける感じです。

 

いろいろ張り紙があって、ルールを守らせようという姿勢を感じました。

 

このフロアでは人とも会わず、終了。

次のフロアへ。

 

次のフロアは、ゆるーい感じでした。笑

入った瞬間、「ん?」という印象が。

 

その印象の正体は、おそらく内装。

内装というか、ポスターやバンダナ?が貼ってある。

共用部もシカの首とかいろいろある。笑

 

そこでは、2人の住人さんがいました。

案内してくれた管理人さんも交えて、1時間ほど話しました。

 

管理人さんはそのときはかなりフランクで楽しそうでしたw

なんかその二人も含めて人見知りっぽい笑

 

でも、シャワーから上がってきた人はそんなに交流しない感じでした。

あとは、エレベーターで個室の住人さんとすれ違ったんですけど、気さくっぽい方でした。

 

当たり前だけど、いろんな人がいるんですね〜

 

そして、トータル1時間半ほどの内見を終了。

 

10月から住むことにしました。

 

来週、契約に行きます。

 

新しい生活への不安とか期待とか、目標などはまた別で書きます笑