Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

【旅行】4泊5日 江ノ島・鎌倉 現実逃避の旅

4泊5日 江ノ島・鎌倉旅行 ハイライト

4泊5日 江ノ島・鎌倉旅行 ハイライト

どうも、ゲイブロガーのchuck (@chuck_blogger) です。

2020年1月は仕事をおやすみしておりまして。旅行に行ってまいりました。4泊5日で江ノ島・鎌倉に行ってきました。

 

なんで江ノ島・鎌倉?

仕事を辞めてやりたかった事の1つが「旅行」でした。

ただ、目的もなくダラダラとできるような旅行を希望していました。

 

当初は台湾や東南アジアのような、安く長く滞在できるような地域を考えていました。

が、考え直して「江ノ島・鎌倉」にしました。

 

海外だと非日常感が強くて、どうしても「観光しとかなきゃ!」という気持ちが高まります。なので、今回は国内に。

 

それに目的もなく、国内に滞在するって、なんだか文豪みたいでカッコよくないですか?(安直な考え

「江ノ島・鎌倉」という近さも良いですよね。いつでも行けるからこそ、普段は絶対に宿泊なんてしない地域。時間のある今だからこそ、敢えて「江ノ島・鎌倉」に4泊してきました。

 

何してきたの?

のんびりするための無目的の旅行でしたが、4泊でやったことは、強いて言えば「寝る、食べる、飲む、歩く、読む」でしょうか。

 

寝る

まず宿泊先ですが、booking.com で探しました。国内旅行で使用するのは初めてでしたが、「江ノ島・鎌倉」地域でもたくさんの登録物件がありました。

 

こちらが宿泊したゲストハウスです。

古民家 ZEN VAGUE の外観

古民家 ZEN VAGUE

海外のゲストハウスって、写真と実物が大違いでガッカリすることもあるのですがw、今回はアタリでした!イメージした通りのゲストハウスでした。

 

築90年の古民家をリノベしたとか。とても趣があり、無目的な滞在にピッタリな感じ。 

ZEN VAGUE 2階廊下

ZEN VAGUE 2階廊下

 

宿泊した部屋はドミトリーで4人部屋でしたが、2泊目と3泊目は他の客がおらず貸切状態でした。

 

これで4泊10,000円なので、文句なしです。

www.booking.com

 

不思議なもので、ゲストハウスではぐっすりと眠ることができました。

普段は絶対にできないような8~9時間睡眠をとることができ、たくさん寝てリラックスできました。

 

また、このゲストハウスのことをツイッターに書いたところ、なんとフォロワーさんからこんなリプライが。

 

すごい偶然…!しかも、近場でオススメのカフェを教えてもらいました。

 

「てぬぐいカフェ」行ってみましたが、かなり良かったです。個性的で雰囲気があって、人生で何度か行きたくなるような感じ。

てぬぐいカフェ 店内

てぬぐいカフェ 店内

 

食べる

目的の無い旅行ですが、美味しいものは食べよう!と、意気込んでいました。

 

中でも良かったのが、江ノ島で食べた朝ごはんでしょうか。

 

まさか平日の朝に、1300円の朝ごはんを食べてのんびりできるとは…。無職冥利に尽きます。

 

その他には、海鮮ランチだったり、

定食屋「しゃもじ」ランチ

定食屋「しゃもじ」ランチ

 

こじゃれたカレーだったり、

ZUSHI CURRY「ガーリックポークカレー」

ZUSHI CURRY「ガーリックポークカレー」

 

充実した食生活を送ることができました。やっぱり美味しいものを食べてると、幸福感が増しますね。

 

飲む

無目的なのんびり旅行に欠かせないのが、美味しいお酒です。

定食屋しゃもじ 日本酒「掌」

定食屋しゃもじ 日本酒「掌」

 

辛めの日本酒を、おいしい海鮮丼と一緒に味わう。とても幸せでした。

定食屋しゃもじ「上海鮮丼」と日本酒「掌」

定食屋しゃもじ「上海鮮丼」と日本酒「掌」

 

歩く

観光はせずにのんびりしようと決めましたが、2日目だけはぶらぶらしました。

 

江ノ電のフリーパスを購入し、江ノ島〜鎌倉をフラフラ。途中で温泉に立ち寄ったりして、大変幸福でした。

 

読む

無目的な旅行に欠かせないのが、読書です。今回の旅のお供は、谷崎潤一郎の「細雪」。

 

ハマれるか不安でしたが、面白かったです。恋のから騒ぎと言い、SATCと言い、個性の違う女たちがわちゃわちゃする物語ってなんで面白いんでしょうねw

 

それから、仕事にちょっと関係のある本も読みました。

 

まとめ: 国内 無目的 旅行は良い!

4泊5日の「江ノ島・鎌倉」の旅行について書いてきました。

無目的でしたが、かなりのんびりすることができました。国内旅行ってあまり興味がなかったのですが、たまには良いもんですね。

記事タイトルの通り、だいぶ現実逃避できた気がしますw

 

おかげさまで、復職に向けて、少しずつエネルギーが溜まってきているように感じます。

 

このブログを書いている人

ゲイ・LGBTについて日々考えています。良かったらフォロー・購読どうぞ!

twitter.com

chuck0523.hatenadiary.jp