早く起きた

久しぶりに早く起きた。

いま、水曜日の午前6時30分。シャワーを浴びて、朝ご飯を食べて、そしてこの記事を書いている。

 

早く起きると気分が良い。

まず何より、可処分時間が増える。そして時間が増えると、何でもできるような全能感が出てくる。

 

昔は、早く起きる日が多かった。

大学生の頃とか、新社会人の頃とか。あの頃はやる気に満ちあふれていた。

毎朝ちょっとずつ英語の勉強をしたり、プログラミングの勉強をしたり、そういうことができていた。

 

最近の自分は、どうも怠惰な気がする。

特にここ5年くらい。

いまの彼氏と付き合ってから、前述のような、未来のための自己投資みたいなことが疎かになっている気がする。

 

幸せな生活というのは、得てして怠惰なものだと思う。

二人で夜ふかししたり、自炊をサボってピザを取ってみたり。

そういう生活をしていたら、早起きができなくなった。

 

昔の自分は幸せではなかったと思う。

やる気に満ちあふれていたけど、孤独だった。それが原動力になったから、悪いことではないけれど。

今の自分は、それに比べたら幸せだ。けど、完全ではない。

 

あの頃のやる気を取り戻したい。

けど、今の温かい生活も好きだ。

なかなか両立ができない。難しいね。