【自炊】自炊ばかりで外食するチャンスが減っている

どうも、自炊初心者の chuck です。

 

2020年に在宅ワークが始まったことをきっかけにして、自炊をがんばりはじめました。それから1年が経とうとしていますが、今でも続いています、自炊。

 

習慣化したのは良いことだと思います。外食が減って、経済的にも健康的にもヘルシーになったはず。

ですが、2021年の目標は「西新宿のご飯屋さんを開拓すること」でした。もうすぐ引っ越ししてしまうので、その前にいま住んでいる街の「食」をもっと開拓しておこうと。しかし、自炊ばかりになってしまっている。これはまずいです。

 

なので、今回は「外食するチャンスが減っている」について書いてみます。

 

外食の楽さを自炊の楽さが上回った

なぜ外食のチャンスが減ったのか。それはもちろん自炊の比率が高まったから。

ではなぜ自炊が多くなったのか。それは、今や自炊の方が楽になってしまったからだと思います。

 

外食は楽です。サッとお店に出向いて、提供されたものを食べて、お金を払う。

でも、つくりおきや下味冷凍を始めてからは特に、自炊がそれ以上に楽になりました。冷蔵庫に入っているものを取り出し、レンチンする。以上。

 

それに、自炊は外に出る必要がありません。それは外食のデメリットの1つですよね。どうしても移動時間がかかってしまう。

また、自炊だと食費が安く済むのも素晴らしい。「下手な自炊は外食より高くつく」というフェーズは、1年も自炊をしていれば越えられると思います。

 

どうやって外食の機会を作るのか

自炊優位の状況になってしまいました。嬉しいことではありますが、ここに外食の機会を差し込んでいきます。

 

そもそも、自分はスーパー行き過ぎ問題があります。

たぶん、スーパーが好きなのだと思います。アプリでチラシを見て、食材を見ながら何を作るか考えて、そして冷蔵庫に格納していく。それなりにやりがいのある作業です。

 

そして「真空は埋められる」という格言?がありますが、そのとおり。冷蔵庫が空いてくるとすぐにまたスーパーに行ってしまいます。

また、食材をダメにするのは本当にもったいないので、冷蔵庫の食材を早く消費しようというインセンティブが働きます。その結果、自炊で埋まってしまうという。

 

なので、食材を買って食材を消費する、そのペースを落とすと良さそうです。そして空いた隙間に自炊を差し込む。

 

いつ外食を差し込むのか

ではいつ外食を差し込むのか。まぁ金曜あたりがいいのかなと思います。

 

自分の自炊サイクルはだいたい日曜の夜か月曜に始まります。そこでスーパーに行くことが多く、作り置きをしてしまいます。

あとは、火曜か水曜にまたスーパーで買い足しをするなど。

 

なので、週末にかけて食材が切れかける感じです。

しかし、週末にはパートナーと過ごすことが多く、そこでは不測の外食が発生する可能性があります。(ただしここでの外食は西新宿ではない傾向が高いので、今回考慮する外食ではありません。というかそもそも西新宿は週末休業の店が多い)

 

なので、週末に食材が充実してても、ちょっと過剰な感じがあります。だから週末にかけて食材を切れさせるのがいいのかなと。そして金曜あたりに外食をする。いわゆる華金ですしね。

 

 

というわけで、「自炊ばかりで外食するチャンスが減っている」ですが、金曜を外食デーにする。ということで。いったんやってみます。