Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

【2020年前半】毎月の支出を確認してみた

どうも、chuck (@chuck_blogger) です。

2020年に入って初めて、支出を見直しています。スプレッドシートなどを使って手元で計算していたのですが、せっかくなのでブログ記事にします。

 

なぜ確認をするのか

なぜこのタイミングで支出の確認をするのか。

2020年の年初はおやすみをしていました。それから3月に仕事を再開しました。

 

仕事を再開してから3ヶ月が経過し、新しい生活習慣が板についてきたこともあり、ここらで支出の見直しをしてみようと思いました。

 

この記事では、「準備金」「投資資金」「固定費」「変動費」の4つのセクションに分けて書いていきます。

 

準備金 150,000円

まず準備金について。

給与口座であるメインバンクに給与が振り込まれます。そこから毎月、差し引くお金を準備金としています。

 

準備金は現在2種類。

1つが来年の税金の支払い分です。来年の所得税と住民税の支払い分として、100,000円を引いておきます。

そしてもう1つが実家への仕送り。50,000円を楽天銀行に振替します。楽天銀行だと入金手数料が毎月1回無料なのです。

 

投資資金 200,000円

次に投資資金について。

 

投資資金は現在3種類です。

1つが iDeco です。iDeco には毎月5万円を入金しています。

2つ目が投資信託の積立です。まず NISA に2万円、そして別途2万円を投信に積み立てています。合計4万円。

それから、110,000円を株の購入資金に当てています。

 

合計で200,000円。仕送りに加えて、これらを全て楽天銀行に振替しておきます。

 

固定費 179,400円

次に固定費です。準備金と投資資金以外の、月次で発生する費用です。

 

まず、国民年金保険料が16,700円。1年前納しているので、それを月換算したものです。

それから国民健康保険料が60,000円。これが本当に高い…。

 

家賃は68,000円。これは我ながら抑えている方だと思います。

 

水道光熱費は合計で13,100円ほど。やや高いですが、在宅ワークなのでしょうがない、ということで。

 

楽天モバイル、UQ Wimax、ドメイン代などの通信系の費用を合算すると8,500円。

 

Amazon Prime、Youtube Music、マネーフォワードと言ったサブスクリプションサービスの費用を合算すると2,900円。

 

最後にジム代は9,800円。

 

以上、固定費をすべて合わせると179,400円ほど。高いですね…。

 

変動費 92,000円

最後に変動費です。「準備金」「投資資金」「固定費」以外の費用です。

カテゴライズすると「食費」「備品代」「書籍代」「アクアリウム代」「服代」「ドネーション」でしょうか。

 

食費は50,000円を想定。もっと安くできると分かってるんですが、外食がなかなか減らない…。最近自炊を頑張ってますが、平日はやっぱり3食自炊できない。がんばっても2食。

 

備品代については5000円を想定。100均で買った商品や、薬局で買った日用品など。これ、けっこう捕捉が難しいんですよね。もっと厳格に管理したい気持ちがあります。

 

書籍代は7,000円を想定。2020年は毎月6冊読む予定。目安としては、小説800円を4冊+大判2000円を2冊。

ここは古本や図書館を利用すれば安くなるんだろうけど、読書家としてはやはり新品で買います。

 

アクアリウム代は5,000円を想定。水槽や照明のような備品を買うとグッとお金がかかるのですが、何も買わない月もあります。平準化させるとだいたい5,000円なのかなと。

 

服代は20,000円を想定。

 

ドネーションは、各種寄付金・募金など。たぶん毎月5,000円くらい払っていると思います。裁量で上下するので、変動費になるのかな?

 

以上、合計すると92,000円。変動費なので、月によって額は変わってきそうですが、目安を書いてみました。

 

支出合計 621,400円

毎月の収支を確認してみました。

準備金が150,000円、投資資金が200,000円、固定費が179,400円、そして変動費が92,000円(目安)でした。合計すると621,400円。

 

いつの間にやら非常にハイコストな生活になっていました。

準備金は仕方のないものですし、固定費は大きく減らすのが難しい部分。万が一、生活が苦しくなったら、投資資金を細らせて、変動費を低く抑える、という戦略を採る必要がありそうです。

 

固定費と変動費の見直しについては、別記事で考えるとして、ひとまず現在の収支が可視化できたので良しとします。

これからもいっぱい稼がないとですね…!!

 

それでは!

 

このブログを書いている人

ゲイ・LGBTについて日々考えています。良かったらフォロー・購読どうぞ!

twitter.com

chuck0523.hatenadiary.jp