Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

「深夜高速」

日曜日。読書会の友人と新宿御苑でピクニック。レジャーシートの上でお菓子をつまみながら次回の課題本を読んだ。それからマルイの屋上でお茶をした。スタバでコーヒーを買って、屋上庭園でおしゃべり。デパートというのは僕にとって縁遠い場所なので、まさか屋上にこんな素敵スポットがあったなんて…。まだまだ知らない場所がある。

夕方に解散したけど、帰りがけに思い出横丁に立ち寄った。ビールともつ煮で乾杯。

 

それから帰宅して即寝落ち。午前3時に目が覚めた。

ベランダに出てタバコを吸うと、寝静まった新宿と中野の町並みが見渡せた。目下建設中の敷地が見える。西新宿5丁目の再開発が始まると、この景色も変わってしまうのだなと思いながら、先程の夢の内容を反芻する。

 

不思議な夢を見た。

僕は九州にいた。地図アプリを見ながら、次はどこに行こうかと考えている。スマホの電池が減っていたので、カバンの中の充電器の存在を確認している。良かった。ちゃんと持ってきている。どこかで充電しよう。そんな風に考えている。

多分旅をしていたのだと思う。場所はどこだって良くて、どこか知らない土地に行きたいという思いの現れのような夢だった。

 

懐かしいな。去年、2ヶ月間、台湾にいたんだった。これは紛れもない現実で、僕は本当に自由だった。

その日目が覚めて、果たすべき義務なんて何もない。どこに行き、何を食べ、誰と会うのか、全てが自由だった。

 

学生の頃、社会人になったら旅なんて行けないよと聞いたけど、それは半分嘘だと思う。別に会社を辞めればいいだけの話だ。貯蓄を作っておく必要はあるけど。

ローンの支払、親の介護、病気の療養。そう言った義務が無いのなら、僕らはいつだってそれなりの自由な時間を作ることができる。

 

夜の街を見下ろしながら、遠くに行きたいなと思った。もし車があれば。夜中にいつだって遠くに行ける。

東京に住む同年代の友人と話すと、車なんて要らない派が多数。僕も基本的にはそう思うんだけど。少し前の世代の人達はマイカー所有に憧れを抱いていたようで。いつでも遠くに行ける「足」を持っているなんて、僕は羨ましくなってしまった。

 

会社から帰ってきてすぐに寝て、午前2時頃に起きる。そして車に乗って遠くへ行く。夜明けが好きじゃないから、陽が登る前に帰ってくる。そんな冒険を時々挟んだら、人生はまた違ったものになりそうだ。

そして高速では、ベタだけどフラワーカンパニーの「深夜高速」を聴きたい。

 


深夜高速 / フラワーカンパニーズ

 

良い曲だから知らない人は聴いてみて。