Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

労働生活に緩急を

結局の所、自分は弱っちいなぁと感じた一週間だった。

 

週の前半

週の前半はノリノリだった。

日曜、月曜、火曜と連続してジムに行った。やっぱり会社にジムがあると便利だし飽きずに続く。だけどさすがに火曜には疲れを感じた。

仕事の面では、最近は常にタスクが貯まっている状態なんだけど、「千切っては投げ」の精神で黙々と捌いていた。タスクを消化しつつも新しいことを学べた一週間だったと思う。社内のメールサーバを使っていたのを、一部外部サイトを使うように書き換えた。メール内容と添付ファイルを携えてAPIを叩くだけだから、簡単と言えば簡単。だけど今回使ったのは有名なメールサービスだから貴重な経験だと思った。プログラマの経験として。前職でもそのメールサービスを使ったっけ。でも前職では他の凄腕エンジニアが担当していた部分だったから、まさかそれを自分が使うことになるとは思ってもいなくてなんだか感激した。周りに凄腕エンジニアがいるのは良いことでもあるんだけど、自分が最前線に立って難しい仕事をする機会が減ってしまうので考えものだと最近は思い始めている。それと、Linuxのコマンドを使ってファイル操作をするコードを書いたりもしていた。軽量プログラミングの領域を飛び出して、OSレベルでの作業が少しずつ増えてきている。スキルレンジが広がっていく時、やっぱり転職して良かったなと思う。

趣味の面でも、本を一冊読めた。恩田陸の「木漏れ日に泳ぐ魚」。

 

 

あえて評価をするなら星3.2。可もなく不可もなく。

 

週の後半

一方で、週の後半はバテバテだった。まず普通に体調を壊した。というか最近は週1ペースで体調を壊している気がする。基本的に自分は弱いのだということをすっかり忘れていた。

会社員に戻った頃は、そのメリットばかりに注目して喜び勇んでいたけど、やっぱり週5勤務は疲れる。そういえば社会人2年目の頃にこんな記事を書いたっけ。

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

すごく、喋るの苦手なんですよね。(社会人として致命傷)

今日はそれが思いっきり露呈した日でした。

それと、会社で巻き起こるありとあらゆることがめんどくさくて…。偶発的に「今日新人さん入ったから歓迎ランチしまーす」とか言われると、「うっ…」となってしまう。って、本当に人としてダメですよね。

基本的に人と関わるのが苦手、というか嫌いなんだろうなと思います。お金と時間の無駄だし…。もちろん、友人や家族は別だけど。

社会人も会社員も、そして、この職業も、本当は向いてないんだろうなあと最近は感じています。

いや、本当、会社員の皆さんすごいですよ。みんなスーパー人間。週5で朝から晩まで働いて、ニコニコ挨拶できて、雑談も問題なく交わして、キャパシティすごすぎ。

こんな自分がなんで会社にいられるのか不思議でなりません。たぶん、若いから、というのは大いにあるんだろうなあ。それがいつまで許されるのやら…。

 

木曜に高熱で会社を休んでずっと布団にこもっていて、まあこの記事で書いたようなことを再認識させられていたわけです。(この頃は文体が敬語だ…!)

 

いやあ、本当に疲れた。

タスクがまだ5,6個残っているまま退社してきてしまった。他の人のコードをチェックして、自分よりもキャリアの浅いプログラマの質問に答えて、そうこうしている内にあっという間に時間が過ぎてしまって気づいたら夕方に。

ただでさえ疲れやすくて自分のことで精一杯なのに、最近は人のために時間を割くことが少しづつ増えてきた。社会人1,2年目の駆け出しのプログラマだった頃は、ひたすら黙々とコードを書いていたしそのことに幸せを感じていたけど、状況が変わりつつある。ああ…きっとそういう環境を先輩達が作ってくれていたんだな…。

もう来年で社会人4年目になってしまうんだ…。プログラマとしても4年目だ。

今のチームには同じような仕事をしている人は5人いるんだけど、ふと数えてみると自分は上から2番目だ。キャリアの長さという観点では。

あっという間に3年もの時間が経ってしまった。ありがたいことに3年間の間でプログラマとしては成長できたけど、根本のところで自分は変われていない。つまり相変わらず日常生活に翻弄されてぐったりしている。

まだまだ10年, 20年と働いていくんだと思うと目眩がしてくる。無理無理。あと2,3年働いたらひとまず一旦逃げたい。全てを忘れて。3~6ヶ月、海外をフラフラしたい。ということを会社の同僚とランチで話した。

 

まあ現実逃避は置いておいて、もっと工夫して生活しなくてはいけない。

 

ジムには行きたい。

だけど筋肉痛が酷くなるほど疲れすぎてはいけない。

 

コードを黙々と書いて幸福を感じたい。

だけど過集中で疲れすぎてはいけない。

 

読書に没頭したい。

だけど翌日眠くなるほど夜更かししてはいけない。

 

常に全力投球するだけが人生ではない。そういう時期も必要かもしれないけど。

何十年もある人生、というか労働人生、緩急をつけなくては…。と切に感じた一週間だった。

 

ひとまず今日はもう何も考えずに、旨いビールと話題の本で締めくくり。

 

f:id:chuck0523:20180119214630j:image