Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

孤独に襲われた時

ゲイブログのお仲間さんが記事を書いていた。

 

takahashi-blog.hatenablog.jp

 

この方は1996年生まれということで、僕より年齢が5つ下みたい。

自分が21歳の時は所属していたLGBTサークルを去った頃で、非常に大きな孤独感に苛まれていた。それでなくとも、その1, 2年後くらいまでは訳もなく孤独に襲われていた気がする。

 

そんな頃に始めたのが、日記を書くこと。

とにかく書く。とりとめが無くてもいいから湧き出てくる感情を書く。ブログと違って誰かに見られるわけではないから、怒り・憎しみ・妬みみたいな負の感情でもOK。

そして書いていると思わぬ感情の発露が起こる。自分の中にこんな感情が潜んでいたのか、と思わぬ発見があったりする。

 

そうして書き終えた時、あれほど悩まされていた孤独がすっかり和らいでしまったのを僕は何度も体験してきた。

そして副作用として日記は残る。また孤独に苛まれた時に、「書く」以外に「読み返す」という新しい武器を手にしていることに気づく。

 

孤独を感じるのは「点の上に生きている」時が多い。「今」感じている感情や「今」置かれている状況が全てだと勘違いして、必要以上に苦しめられているとしたらそれは損だ。

実際の人生というのは、生と死という「線の上に生きること」なのだから、過去と未来という要因も意識するべきだと思う。過去にあったことを思い出して、あるいは未来の理想を意識して、そうして今日を生きるエネルギーをもらえることは多々ある。

点の上に生きていると容易に感情に流される。僕は常に線の上に生きていることを忘れないように心がけていて、日記をそのための補助輪にしている。

 

と5年歳上からのしがないアドバイスでした。何かの参考になれば幸いです。

まあ向き不向きがあるから、全く効果が無い人もいるかもしれないけどねw

 

 

f:id:chuck0523:20171017004144j:image

 僕が過去3, 4年間の間に書いてきた日記たち