Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

職場の不機嫌な人、嫌だよねえ

ゲイブログ仲間のアクアさんが近況について書いていた。

 

aquablue1704.hatenablog.com

 

ここ数日、女店長に振り回されっぱなしでした。

 

厄介な女店長がいることは以前の記事からも察せられた。

 

①店長の気分でお店のルールが毎日変わる

②昼ピーク後はどこかにいなくなる(前からそうらしい)

➂シフト作成が遅い(前日まで連絡なし)

④当日無断欠勤    等々

 

いやあ、酷いね。

メンタルの弱い自分なら、1週間と経たずにギブアップしていると思う。

 

アクアさんは仕事をこなしつつ転職活動に精を出しているので、ある面では強い人なんだよなーと勝手に失礼な感想を持ってしまう。

 

この記事を読んでいて、自分にもこんな過去があったなあと思い出したから書いてみる。

 

 

学生の頃に熱帯魚屋でバイトをしていた。

結果から言うと、人間関係がキツくて3ヶ月だか6ヶ月だかで辞めてしまった。

 

仕事内容自体はキツくなく、むしろ楽しい方だったと思う。何しろお客さんはワクワクしながら買い物に来るんだから。

だけど、人間関係がキツイと全てが台無しになる。苦手な同僚の影響で暗い表情になってしまって、その顔のまま接客をして、結果としてクレームをもらう…みたいな悪循環が起こる。

当時は飲食店、というか牛丼屋でバイトをしていて熱帯魚屋のバイトは掛け持ちバイトだった。申し訳ないけど、僕がバイトをしていた牛丼屋の客層は決して良くなかった。ストレス解消のために定期的に来店する客とかいたしね。

それでも、熱帯魚屋に比べたらよっぽど長く働き続けることができた。牛丼屋の同僚のおばちゃん達はいつも明るくて、僕はいつも元気をもらえた。食券を投げて寄越すようなオッサン客にも丁寧に対応して、でも裏では「嫌になっちゃうよねーw」とか自虐風に笑い飛ばしているのを見て、僕はある意味での強さというか柔軟性を学べた気がする。

一方で、熱帯魚はキツかったね。特に、気分屋の女性がいて僕は生理的なレベルでの苦手感があった。

休憩中はタバコと週刊漫画雑誌にどっぷり。古株の馴染みの同僚とはフランクに接するのに、1度嫌いになった新人にはとことん冷たい。僕を含めて。正直な所、僕はその人と顔を合わすのも嫌だった。その人と会うのだと思っただけで、前の晩に眠れなくなった。というよりも、そういう人を許容して、そういう人が当然のように働いている職場そのものが嫌だったんだけど。

 

今思えば、彼女は「職人気質」な人だったのかもしれない。不器用で、仲良くなるまでに時間がかかる人だったのかもしれない。それに当時の僕は身なりに全く気を使わず、コミュニケーション力は圧倒的に低かったのだから、こっちにも落ち度があったのかもしれない。(だったら面接で落としてくれたら良かったのに…と思わないでも無いけど)

 

でも、アクアさんの記事から察せられる女店長は中々に凄そう…。僕の過去のケースとは比べ物にならない。

ちょっとナイーブな考え方かもしれないけど、職場でイライラしている人はそれだけで罪だと僕は思う。周りの人間に気を使わせて、気弱な人の発言力を奪って、職場を腐らせていく存在。不機嫌ハラスメントという考えがもっと浸透してほしい。理想論かもしれないけど、同じ職場で働く同僚として、お互いに気持ち良く働けるように振る舞うのは仕事の一部だと思う。

そういうことができない人が野放しになっている職場からは自分は逃げると思うし、若い人や知り合いには絶対にオススメできない。

 

「どんな職場にも性格の悪い人はいるから」

 

それは嘘だよ。僕は2度の転職を経て、身をもって確信した。

 

とは言いつつ、色々な人生があるし、性格って中々直せないから、自分が移動するしか無いんだよなあと諦めにも似た想いもある。

 

アクアさんが、気の使える優しい人で構成される職場を早く見つけられますように。と年下ながら生意気にも引用記事を書いてしまいました。