Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

疲れると対人関係に響くタイプ

最近、無限に働けるような気がしている。無限は言いすぎだけど、少なくとも今よりはもっと働ける。

 

今日は23時にオフィスが自動消灯したから仕方なく退社した。終電に近い電車に乗りながら、まったく体力が残っているのを実感していた。

本当はまだまだ働きたかった。作っておきたい機能がたくさんある。綺麗にしておきたいコードがたくさんある。それなのに1度作業を中断してしまうと、つまり帰宅すると集中力が途切れてしまう。せっかくノッてきた所だったのに…。

 

転職してから3ヶ月が経とうとしているけど、ずっとこんなペースだった。むしろちょっとずつペースが上がってきて、仕事欲が肥大化している。

そしてふと気づいたんだけど、仕事欲に反比例して対人関係が疎かになっている。

 

週末が明けて月曜になると同僚とのランチを楽しみにしている自分がいる。それなのに、金曜となると完全に1人で過ごしたい気分になる。ランチなんてさくっと10分くらいで済ませて、仕事に戻りたいなあと思っていまう。

きっと疲れているのかもしれない。僕の場合、体がダルくなるとか、目眩がしてくるということはあまり無い。それでも知らず知らずの内に対人関係に割くべきエネルギーが枯れてしまっているのかもしれない。

 

長いこと一緒に働くんだから、もっと対人関係に余裕を持って向き合っていかなくちゃ。「おつきあい」も仕事のうちだ。

 

バリバリ働けてしまう自分を自覚しつつも、ちょっとだけ考え方・働き方を変えなきゃなと思いつつある。