Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

会社員に戻って1ヶ月

会社員に復帰して、ちょうど1ヶ月が経った。振り返りも兼ねて、ちょっと長めに書いてみようと思う。

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

 

生活サイクル

生活サイクルについては、完全に順調そのもの。

朝起きられるかどうかがとても不安だったけど、今のとこクリアしている。

 

これにはヒミツがあって、ここ最近は会社の食堂で朝ごはんを食べている。食堂は朝昼晩に開放されて、基本的には全食無料。朝ごはんに間に合うようにしていると、必然的に早起きになってしまう。

自分のケチな性格に感謝だ。

 

ランチメイト

信じられないことに、ランチメイトができた。決まったメンバというわけではなくて、昼時になるとそれとなく誘い合う感じ。

会社で誰かとご飯を食べるのって、こんなに幸せなことなんですね。今の会社で3社目になるけど、今までランチメイトなんてできたことなかった。というか、高校・大学時代にもいなかったっけ。

 

ランチを一緒に食べると仲良くなれる。そして仲良くなっておくと、仕事でも上手くいきやすい…気がしている。

本当に愛想があって人付き合いの上手い人は、もちろん業務時間内だけでサクッと仲良くなってしまうんだろうけど、僕はそういうタイプではない。

 

コミュニケーションがヘタだからこそ、ちょっと勇気を出してランチに誘うのって大切なんだなと感じている。

 

同僚

6月いっぱいで2人の同僚が退職した。2人とも日本人で、英語がペラペラというタイプではなかった。

そして代わりに入社したのがハワイ出身のエンジニアさん。もちろん英語がペラペラ。そして来週に入社するのが元Googleのエンジニアさん。

 

チームがじわりじわりとグローバル化している。元々会社自体がグローバルな感じなんだけど。

僕はと言うと、必死に何とかやっている。留学なんてしたことないけど、独学した英語でなんとかやっているよ。

生まれて初めて、日常的に英語を話すという環境に身を置いている。自分の中で英語を話すということが自然になっているのを感じる。ランチメイトも基本的には外国人だし。というか、日本人のチームメイトは1人でランチを食べている人が多い。

 

プログラマとしても、英語話者としても成長を実感できている。

 

中国語

同僚に2人の中国人がいる。これはチャンスだと思って、中国語の勉強を始めた。

 

 

キクタンという単語帳を使っている。毎朝電車の中で聴いて、単語を覚えているところ。

TOEIC900を取れた自分だから余裕でしょw と甘く見ていたんだけど、思っていたよりも難しい。

 

中国語検定というものがあるらしく、次の開催は11/26らしい。

 

www.chuken.gr.jp

 

目標が無いと頑張れないから、申し込んでみようと思う。

 

目標と言えば、同僚の中国人がめちゃくちゃ可愛い。飲み会の度に、「新しいスラング教えてやるよw」みたいに教えてくれる。それが地味に嬉しい気がする。

 

可愛いノンケ男に鼻の下を伸ばしてモチベーションを得るような、できればなりたくないと思っていたオッサンに順調になりつつある。

本当にガッカリするね。自分に対して。

 

週末

最近の週末の過ごし方は、わりと緩い感じ。

社会人1、2年目の頃はガツガツしていたから週末にもプログラミングをしていたっけ。

 

今では自分にダラけることを許してしまっている。

なんだかんだ仕事でのプログラミングが一番実力につながる。週末にやったことはそんなには実力にならない。

むしろ仕事に全く関係ないことをしてリフレッシュした方が精神衛生的に良い。特に今は環境が変わったばかりだし。

 

ブログを書くとかね!

 

お金

今の会社では結構なお給料を貰っている。そして最近、お金のことばかり考えている気がする。

 

今までの人生では悪い意味でずっとお金について考えていた。「給料日まで5000円しか無いのか…」とかね。

 

思えば、最初の会社はめちゃくちゃ給料が低かったっけ。具体的に書いちゃうけど、手取りで18万だった。家賃・水道光熱費・通信費・交通費・食費・親への仕送り…諸々のお金を払ったら、本当に残らないよね。

残念な会社だったし、金銭的な意味でも本当にさくっと転職して良かった。

 

そして、次の会社も、悪い会社では無かったけど、給料は決して高くなかった。手取りではほぼ300万を切ってたし。

まあでも国内の中堅web企業ってそんなもんなんだけどね。ベテラン以外はそんなにもらえない気がする。それでも、自社開発系のweb企業はやっぱり雰囲気が良くて働き方もホワイト。技術的にもたくさん学ばせてもらったしね。

 

そして3年目にしてようやく、金銭的にも技術的にも満足できる会社に入社できた。文系プログラマだし、一生低賃金なのかな…と不安に思った頃もあったけど、しっかりと下積みを経て勇気を持って行動すれば、良い会社にも入れるもんだと思った。

 

お金に余裕ができた今だからこそ、そしてお金に苦労した時期があったからこそ、お金のことを気にしてしまう。

例えば、同年代がどれくらい貰っているのか気になる。

 

heikinnenshu.jp

 

このサイトによると、東京での20代の平均年収は379万円らしい。そして30代が554万円、40代が717万円、50代が801万円...。

そんなに順当に上がっていくものなのか。それは僕ら世代も享受できる昇給ペースなのか…。気になってしまう。

 

あとは、株式・不動産投資とか、いつ頃から始めたらいいんだろうと考えてしまう…。考えてしまう、けど、今は新しい職場で頑張らなくちゃね。無駄使いを控えて、まとまった貯金を作ってから考えればいいか。

 

人格

先週の金曜に飲み会があった。先月いっぱいで退職される方の送別会だったんだけど、結果から言うと、反省会が必要。個人的な、ね。

 

まず、2次会の途中からほとんど記憶が無い。当然のように終電を逃して、なんとなくタクシーに乗ったのは覚えている。翌朝財布を見たら、5000円のタクシー代領収書が…。5000円あったらTシャツが3枚は買える…。何やってんだ自分。

 

それに、普通に酔っ払って、同僚に失礼なことを言ってしまった気がする。

同僚はアラサーの人が多くて、自分よりはちょっと大人なんですよね。自分だけ酔っ払ってはしゃいでしまった気がする。

せっかく1ヶ月、真剣に同僚と向き合ってきたのに、台無しにしてしまってないかな…。不安だ。

 

26歳にもなって何やってるんだろう…。

 

でも、ちょっと待ってほしい。

大学生の頃は飲みすぎた結果、泣きわめいたり、吐き散らしてた(ヤバイ)。

 

それに比べれば、まだマシになってはいる気がする。と思うことにしよう…。

 

ここで問題なのは、自分の言動の変化だ。普段が言わないようなことを、面白いと思って飲み会の場で言ってしまった。失礼なことを言って、笑いを取ろうとするなんて最低だ…と分かっているのに。いや、結局は性根のところでまだ自分本位な部分が残っているんだ。

まだまだ、自分の人格は改善の必要がある。

 

そんな折に、この動画。

 


人間の人格は一生かけて完成させていくもの!今井通子&三石由起子!人生相談

 

毎度お馴染みのテレフォン人生相談。

 

今のあなたをそんなにかわいがってこだわる必要ない

人格は一生かかってつくっていけばいい

 

あなたは自分が完成されたと勘違いしてる

今の自分の本音がいえないとか 今の自分を大切にすべきじゃない あなたの場合、自分が完成されてないし それを言ったら誰もが完成されてないけど そこにこだわったらだめ

 

意地悪な面がでるとあなたいうけど こころにゆとりがないんだよ 意地悪が自分の中にあり、性質だと思ってるが そうじゃないんですよ

昨日までは意地悪でもだんだん優しくなっていくんですよ人は

 

今の自分の見方を間違ってる 自分は成長できるし 人柄はよくなるし 能力は高まる と思わないと 固まって、これが自分だと思い込むのはもったいない 意地悪が自分と思うのはもったいない

 

毎日毎日新しい自分になっていくんですよ だから昔のことは忘れていいんです

 

いやあ、沁みるよね。

 

一番簡単なことを言うとね 夜寝る前に一日を思い出すとね いいことだけを復習してみる こんないいことがあった 2つ3ついいことを確認する

悪いものがあったらそれは忘れるの 無かったこととして記憶から消してやるの

 

明日も明後日も一日ずつ人格を作っていくの 

 

引用元: http://telephone1242.blog.fc2.com/blog-entry-590.html

 

 

紙の日記は書いているけど、もっと更新頻度を上げようと思う。

もっと自分を見つめ直して、上手く行ったことを補強していくようにします。そして自分の嫌な面はちょっとずつ切り落としていこう。

 

 

まあ、この1ヶ月はそんな感じでした。

仕事に対しても会社に対しても満足度が高いけど、個人的に至らない点はあったなあと思い知らされた感じです。

1ヶ月、あっという間だった気もするし、とても濃かった気がする。3年、5年先なんてとてもまだ考えられない。まだまだ頑張らないといけないんだなーという気持ちです。