Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

読書会 #2

昨日は第二回目の読書会でした。

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

お題本は又吉さんの「劇場」。

 

 

 

読書会の当日、小田急線の中で読了しましたw

子供の頃、夏休みの宿題は毎日10ページずつやっていくタイプの子どもでした。早めにやるでもギリギリにやるでも無く。三つ子の魂百まで、ですね。

 

今回も、予定どおり読了できてホッと一息。

 

窓の外を見ると既に下北沢で、不思議なドキドキがこみ上げてきました。これから、本の感想を語り合うんだよなぁ…。自分でサークルを作っておいてアレですが、不思議な気分。

でも、前回の様子を振り返って見ると、別に完璧な感想を用意する必要も無いんだなと思えた。他の人の感想を聞いたり、人前で自分の感想を話しているうちに、心境が変化し得ることに気づきました。

 

自分の中の潜在的な感想に出会えるのも、読書会の醍醐味かもなあ。なんて第二回にして発見がありました。

 

 

読書会自体は、今回も成功。楽しくお話できました。

劇場は、いわゆる「夢追い人」的な人たちのお話。僕は正直、そういう人たちにちょっと厳しい気持ちを持ってしまうことがある。そういうことをマイルドに話したら、「ひょっとしたら、chuckくんもホントは諦めてない夢があるんじゃないの?」と言われてしまった。ギクッ。鋭い…。そんな風に考えたことは無かったなぁ。

たしかに、会社生活の外側にいて、自由に表現活動をしている人たちは、ちょっとだけ羨ましい気もする。なるほど…。

 

 

次回は7月の上旬に開催予定。テーマ本は「夏への扉」です。夏なので(単純)。

 

 

ちなみに、読書会のオフィシャルサイトを作成中です。

 

本を読むゲイの会

 

ひとまず最低限だけ作ったので、徐々に良くしていきます。