Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

東京に出たい。

Only you can free yourself.

25歳のゲイの個人ブログ

早く東京で一人暮らしをしたい。

その想いは日に日に強まっています。

 

東京には、面白いイベント、仕事、場所、人に溢れているように思います。

ふと気がつくと、不動産サイトや一人暮らしハックを閲覧している自分がいます。

 

僕が生まれ育ったのは神奈川県の相模原市

この田舎でも都会でもない町から、東京の私大に通っています。

片道1時間半。

 

僕は以前、大学に行かない時期がありました。

いくつか理由があるのですが、長距離通学はそのひとつでした。

 

物理的な距離としての苦痛もさることながら、精神的なものもあったと思います。

とりわけ、最寄り駅までの徒歩20分にはうんざりしていました。

 

けれど大学3年あたりからは、開き直ってきました。

まあこんなものか、と。

 

時間のムダ感に、麻痺していたような気がします。

 

1時間半なんて、本でも読んでいればあっという間。

徒歩20分も、Podcastで英語の勉強。

自己防衛的に、通学の苦痛を紛らわせる習慣が出来上がりました。

 

けれど、東京欲が再燃している今、いちいち地元に帰るのが嫌だったのかもしれないなーとも思えるようになりました。

通学の時間そのものではなく、地元に帰らなければならない自分の境遇が憂鬱なのかも。

 

今の僕にとっての東京とは、少し足を伸ばせば行ける場所。

けれど、生活する場所ではなく、あくまで用事のある時に行く場所。

 

だから、今みたいに夏休みだと地元に縛られます。

もともとアグレッシブではないし、無理にでも予定を入れないと東京からどんどん疎遠になります。

この疎遠になっていく感覚。地元の色に染まっていく感覚。

僕はこれが苦痛です。

あたかも、一生ここで生きていかなくてはいけない。

そんな風に錯覚して、絶望します。

そんな人生、絶対に嫌です。

 

僕はもう東京の味を知ってしまいました。

今となっては、地元の知り合いやバイト先の人、そしてなにより家族。

いま回りにいる人たちが、圧倒的に人生の選択肢を知らない。

そのことにも気づいてしまいました。

 

けれど、最近になって東京での一人暮らしが現実味を帯びてきました。

学生でも、不可能ではないかもしれない。

バカみたいだけど、今まで、そんな選択肢があることすら気づきませんでした。

というか、思考停止していました。

一人暮らしできる学生なんていうのは、もっと地方から来ている人や、親からかなり援助されている人。

そう決め付けていました。

 

「通学できる範囲なんだから我慢するべき」

「実家に住めるなんてありがたいこと」

周囲からの価値観に染まって、いつの間にか自分の選択肢を黙殺していました。

 

もちろん、この大学は自分で選んだもの。

学費も定期代もすべて親の負担です。

感謝しなければいけない、と思うのと同時に、自分の責任の範囲でなら自由になれるべき。

つまり、自分で稼いで生きていく分には誰も文句言えないはず。

たとえそれが学生でも。

そんなふうに思えてきました。

 

決めました。

今年中に一人暮らしをします。

 

早くここから出たい。出なければ。