Only you can free yourself.

ちょっとマジメなゲイが書くブログ

ほろ酔いでゲイ映画鑑賞

3連休が終わってしまう…。ところがどっこい、僕は有給を取ったので、月曜はお休みなのです。

 

僕は今フリーランスのプログラマとして働いているので、厳密には有給は無くって、「有給のようなもの」と言った方が正しいかも知れません。

自分の契約形態では、「基準時間」というものがあります。それは140時間〜180時間と設定されていて、月の労働時間がその範囲に収まる限りは、決まった報酬(つまりお金)を得る事ができます。

 

今携わっているプロジェクトは、現行のシステムのリプレースというもので、古いシステムを新しいシステムとして作り直すというものです。つまりリミットの決まっているお仕事なわけで、大変忙しい状況で、11月は残業の連続でした。

これまた正確には残業ではなく、「残業のようなもの」です。基準時間として設定された180時間を上回る時間に対しては、1時間あたりX,XXX円が加算されるわけです。

 

そして今月の労働時間は165時間になる見込みでした。

つまり、25時間のおやすみを取っても、収入は変わらないわけです。

 

なので、月曜はおやすみを取ることにしました。だけど報酬は変わらない。まさしく有給のようなものですね。

 

 

そう考えると、今の自分の働き方って、本当に会社員と変わらないというか、カレンダーの上では会社員とほとんど一緒なのですね。

長くなってしまいましたが、やっぱりカレンダー通りのおやすみって素晴らしいですよネ。そこに有給のようなものが載っかるとしたら尚更。

 

 

学生時代には飲食店でバイトをしていたのですが、僕は典型的な学生バイト。週末や祝日、長期休暇にシフトを入れるようなバイトでした。

これが計画性のある学生だったなら、普段からいっぱいシフトを入れて、長期休暇には海外旅行に行くような素敵学生ライフを送っていたのかも知れませんが、当時の僕には計画性というものが全くありませんでした。

長期休暇に入る頃にはお金がなくて、だけど時間だけはある。店長からのシフトのお願いには二つ返事でOK。とても重宝する学生バイトだったと我ながら自負しています。

 

だけどやっぱり休日のバイトって、疲れるんですよね。「世間は休んでるのに、なんで自分は…」。そんな恨みつらみにまみれて働いていたわけです。

だから、社会人になったら世間のカレンダーに合った仕事をしようと。

 

フリーランスになった今でも、そんな会社員のような働き方をしているのは、やっぱりバイト時代の決意が根底にあるからかも知れません。

 

 

さて、そんなカレンダー通りの生活をしていると逃れられないのが、やっぱり「日曜の夜の憂鬱」。

そこで月曜の有給ですよ!!!

 

明日のおやすみを確定した自分は、とにかく映画を観ることにしました。(相変わらず前置きが長い)

一昨日は、友人と一緒に「ブロークバック・マウンテン」を観ました。そう、あのブロークバック・マウンテンです。

 

 

ゲイの端くれとして、ずっと観たい、いや観なきゃと思っていた本作ですが、ようやく観ることができました。

 

(感想省略)

 

そして、今夜。ブロークバック・マウンテンからの流れで、「ムーンライト」を観ました。ようやく。

 

 

開始15分で、「これはちゃんと観たいやつだ」と思いまして、映画を一時停止。徒歩2分のファミマへ駆け込んで、ワインとチーズを購入。(ああ、やっぱり週末に働いている人への感謝を忘れてはいけない…)

 

それで、先程、観終わったわけです。

あまりネタバレしない範囲で書くと、ひとまずああいう結末で良かったな、と。観て良かった。終盤は本当にドキドキと、ただただ主人公が報われてほしいと願いながら、食い入るように観てしまいました。

 

はい、ムーンライトを観て、コスパ最強と名高いアルパカの赤ワインを飲み切り、こうしてブログを書いているわけです。

何が言いたいかっていうと、僕は今ちょっと酔ってるんですよ。

 

僕が酔った時の行動パターンはだいたい決まっていて、

 

  1. ブログを書く(大抵は酷すぎて非公開)
  2. (友人含め)好きな人にLINEで(めんどくさい)メッセージを送る
  3. 泣く

 

のどれかなんですよね(ヤバイ)。

 

そんなわけでブログを書いてます。

 

まぁ、たまにはこんなブログ記事もいいよね。ということで。

目的もなくダラダラと書いてみました。明日のおやすみを有意義に過ごすために、今日はもう寝ます。

 

ああ、ムーンライトみたいな恋って良いなぁ。10代の頃の恋愛というか、性体験って一生モノですよね。それがどんなものであれ、一生忘れないんだろうな。

10月、11月の生活について

10月、11月の録音動画です。

最近は週末に録音していて、1週間のことを話しています。なので、動画1本あたりの時間が20分前後と長くなっておりますが、逆に少しまとまった時間に聞けるので、個人的には満足しています。

 

#71 未来のプログラマと飲みに行ってきた / 奢り奢られ歳を取っていく - YouTube

www.youtube.com

 

 

#72 同僚とのランチ / 株価、引き続き下落中 / カミングアウトしてくれた友人とボドゲバーに行ってきた - YouTube

www.youtube.com

 

 

#73 仕事、開発環境の不具合 / 資産運用、本当に底値!? / 神保町の古本市に行ってきた - YouTube

www.youtube.com

 

 

#74 さよならiPhone、こんにちはAndroid / 楡周平「プラチナタウン」を読んだ - YouTube

www.youtube.com

 

 

#76 ブロッコリー入門 / ご近所ゲイ友達とダラる日曜日 / お金についてゆるく語るラジオ「マネラジ」が良い感じ - YouTube

www.youtube.com

 

#77 上野の激安ボドゲカフェ / ペアプログラミング入門 / 初・個別株の購入 - YouTube

www.youtube.com

一人暮らしの終着駅

初めて一人暮らしをしたのは、大学を卒業する直前。まさに社会人になる直前でした。

当時はまだ23歳で、住む場所へのこだわりなんて何もありませんでした。大学生活の最後の方に、シェアハウスのような所に住んでいたのですが、そこの住環境があまり良いとは言えなかったので笑、とにかくどこでも良いから一人暮らしをしたかったのを覚えています。

 

当時の記事がありました。引っ越し当日に書かれた記事みたいですね。

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

初めての一人暮らしに選んだ、千葉県の市川市。

当時の僕は社会人としてのリズムに慣れておらず、毎日が全力投球だったのを覚えています。仕事を終えて、東西線に揺られること30分。最寄り駅に着く頃はもうヘトヘトになっていて、駅前のSEIYUとドン・キホーテに何度救われたか分かりません。

そんな生活だったので、僕はいまだにあの街のことをあまり詳しく知りません。行きつけの定食屋さんも無ければ、心休まるようなスポットも見つけられませんでした。

 

だけどあの街のことを思うだけで、駆け出しのプログラマだった当時の姿を思い出します。動かないコードと何時間も格闘した挙げ句に、先輩がスマートな回答を差し出してくれたあの日の帰り道、寒さなんて全く気にならなかった。魔法を目の当たりにしたような恍惚さに、自然と顔がほころんでいたんだと思います。

自分にはプログラマの適正が無いのではないか、そう疑ったことは一度や二度ではありません。まるで打ち寄せる波のように、そんな疑念は何度も去来しました。だけど、あの日に感じた一瞬のきらめきのような瞬間があるから、今日までやってこれたのだと思います。

憧れで始めたこの仕事がようやく芽吹いたという意味では、あの街は確実にその土壌だったのだと思います。とても地味で淡白な生活だったけれど、僕の内面では毎日大きなうねりが起こっていたのです。

 

 

それから初めての転職を経て、目黒へと引っ越しました。

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

友人に目黒の話をすると、やはり「中目黒」の印象があるようですが、僕が住んでいたのは目黒駅の近く。そのエリアは案外落ち着いていて、家族や外国人が多かったように記憶しています。

なんと言っても新宿駅までたったの15分です。なんと都会に出てきたことでしょう。

 

では、僕の生活がガラリと変わったかと言えばそんなことはなく、相変わらず仕事中心の生活を送っていました。

平日は目黒にあるWeb企業で仕事に精を出し、週末には憧れだったIT系のイベントに参加するという、絵に描いたような若手Web系プログラマでした。

 

ところが、新しい会社には若くて天才的なプログラマが大勢いて、圧倒的な彼我の差を意識せざるを得ないような、そんな毎日を送っていました。当時の自分は、劣等感と向上心の自家中毒のような状態になっていたような気がします。IT系のイベントに参加するのも、次第に義務感が増してきて、早くも自分の能力の天井が見え始めていました。

 

 

一方で、プライベートの過ごし方へのヒントを掴み始めたのもこの時期です。目黒と聞いて心に浮かぶのは、昼間の景色です。市川市と言えば、平日の夜の、あの帰り道ばかり思い出してしまうのに。

週末には、区営のジムに行ったり、近所にお気に入りのスーパーを見つけたり、自分なりの時間の過ごし方を習得していきました。明日の仕事に備える場所でしかなかった自宅が、それ以上の意味を帯び始めました。少し足を伸ばして恵比寿や五反田まで遊びに行くこともありましたが、家に帰ってくると心からホッと一息ついている自分がいました。

 

目黒という街は、とても静かで暮らしやすい街でした。

確かに仕事の上ではまだまだ足掻いてましたが、のんびりと自分の時間を過ごす方法を教えてくれたのは目黒という街だった気がしています。

 

 

 

前置きが長くなってしまいましたがw、紆余曲折を経て僕は今新宿に住んでいます。新宿という街は、市川市とも目黒とも違う街です。日本のどこにも、新宿のような街は無いんじゃないかと思えるほどです。

とにかく底がなくて、何十年かけても知り尽くすことなんて到底できないんじゃないかという気がしています。

 

正確には西新宿という街に住んでいるのですが、引っ越してきた日にはこんな記事を書いていました。

 

chuck0523.hatenadiary.jp

 

 

大学を卒業してから、思えばずっと慌ただしかった。

1年毎に会社を変えて、引っ越しをして。これからの4年間はしっかりと腰を据えて丁寧に生きようと思う。そして良い感じの30代を迎えられたら最高だなとか考えている。 

 

あれから一年が経ちました。

果たして僕は「丁寧に生きている」のか。この一年を振り返ってみると、その答えは半分は Yes で半分は No かもしれません。

 

この一年の間に、遂には会社員を辞めて、本格的にフリーランスになってしまいました。資産運用を始めてみたり、Youtubeに訳の分からない録音動画を公開したり、まだまだ落ち着いた人生とは程遠いかもしれません。

でも新しい「何か」が無いととにかく退屈で、未だに「丁寧に生きている」自分は全く想像できないのです。

 

だけど、病的なほどに飽き性で、そして何かを始めることへの抵抗感が薄い、こんな自分を受け止めてくれたのが、新宿という街であるような気がしています。転がり続けた石ころが最後に収まることができたような、そんな居心地の良さを感じています。

この底なしの街にいると、自分の野心とか欲望が程よく発散できて、なんだか長生きできそうな気がしていますw

 

そんな訳で、表向きの転身とは裏腹に、自分の内面は少しずつ落ち着いてきています。この仕事もすっかり人生の一部となりました。一人暮らしという軸で、ここ5年くらいを振り返ってみましたが、一つの終着駅にたどり着いたような気がしています。

これからは暮らしとか仕事とかよりも、その先にあるものに意識を向けて、エネルギーを注いでいくべきなのかなとか思ったりしています。兎にも角にも、「良い感じの30代」に向けて着々と歩みを進めています。

 

 

そして良い感じの大人は、きっと節目をお祝いするはずです。

 

 

 

 

f:id:chuck0523:20181118002706j:plain

 

5000円のうなじゅうううううううう!!!食べてしまいました。なんという贅沢…。

でも、新宿に住んで一周年だもの。一年間生き延びたんだもの。お祝いしないとですね。ずっとご褒美に取っておいた近所のうなぎ屋に行ってきました。夢叶いました。

 

 

過去のモヤモヤしてる自分へ、27歳まで生き延びれば5000円のうな重が食べられます。

 

未来の疲れ気味な自分へ、27歳の時に5000円のうな重を食べたんだから頑張れ!

自分らしい一週間だった

自分らしさとはなんだろうか。

少なくとも、僕はプログラマという仕事が好きで、英語のLGBTのイベントに行くと楽しくて、一人の時はなるべく本を読みたい。

 

今週はそんな自分の嗜好がとても満たされた一週間だったように思う。

 

仕事は概ね順調。

自分の作ったものが同僚に喜ばれると嬉しい。一般のユーザーが幸せになれることも大切なんだけど、僕は同僚の開発者を支援する方が好きなのかもなと感じ始めている。

 

世の中にはお客さんからの「ありがとう」が大好きで、そこにやりがいを感じる人がいると聞く。僕は学生時代に接客のバイトをいくつもしたけど、正直なところ、そういった類の喜びはあまり感じなかった。

 

むしろ、一人で黙々と作業するのが好きなタイプだし、それが間接的に誰かを助けることにやりがいを感じている。

そういう観点では、今の「テックリード」的なポジションに就いて良かったかも知れない。

 

 

それと、週末には人と遊んだ。

ゲイブロガーのじじさんゆーじボーイと飲みに行って、そして元同僚の韓国人の女子とブランチを食べた。

 

ブロガーさんにはたまに無性に会いたくなる。はてなスターやコメントでは物足りず、直接会って話したくなることはよくある。

そうだ、せっかく東京にいるのだから、同じく首都圏にいるブロガーさん達とはいつでも会えるんだ。ということを普段は忘れている。「今週末遊びませんか?」の一言で会えるのだから、シャイは捨て去って、会える内に会って話そう。

 

あと、余談だけど、先日エゾマルさんが東京に遊びに来ていた。

いつもブログを見てくれて、誰得な録音動画も聞いてくれていて、本当に嬉しく思っている。僕は正直すごく会いたかったけど笑、謎の遠慮をしてしまった。人気のエゾマルさんのことだから、他のブロガーさんが大挙するだろうなぁ…と思って何故か気後れしてしまったw

 

僕は22世紀まで生きるけど、まぁ世の中何があるか分からないからね。後悔先に立たずだ。会える内に会っておかないと、後で後悔しそうだなぁ…と思っていて、徐々に「誘える人」になりたいなと思っている。

 

僕の生活の中でブログは重要なものの一つなので、その繋がりは細く長く大切にしていきたいですね。

 

 

それと元同僚とのブランチだけど、ひっっっさしぶりに英語を話した。

2ヶ月のブランクがあって心配だったけど、概ね大丈夫だった。けれど少しだけ衰えもしていた。

でもそれにも増して、彼女とまた会えて良かった。大昔に彼女にゲイであることをカミングアウトした。そして今回は向こうから「LGBTのサポーターになりたくて、一緒にLGBTのコミュニティに遊びに行こう」と誘われた。もうね、感涙したね。英語を勉強して良かった。東京に来て良かった。と思った。(別に英語じゃなくても、東京じゃなくても楽しいことはたくさんあると思うけどね)

 

 

それから今週は本を2冊読んだ。

石田衣良の「逝年」と、原田マハの「暗幕のゲルニカ」。どちらもアタリだった。というか最近はハズレを避けるようになってしまった。

ブクログというサービスを利用しているのだけど、気になる本については他の人のレビューを軽く見てしまう。それで、とんでもないハズレ(失礼な言い方だけど)は避けるようになってしまった。

 

人と会うのも大事なんだけど、やっぱり自分には一人の時間も大切で、そういう意味では今すごく良いバランスで過ごせていると感じる。そしてそれは自分らしい生き方に近づいているのかなーと思ったりしている。

 

 

#69 開発環境をサポートする仕事 / あっさりラーメンの良さに目覚める / 資産運用「底値」を体験 / 石田衣良「逝年」を読んだ - YouTube

www.youtube.com

 

#70 ゲイブロガーさんとの飲み会 / 元同僚とのブランチ / LGBTと英語 - YouTube

www.youtube.com

【録音】10月前半の生活について

恒例の録音動画を貼り付けるだけの手抜き記事。

10月前半にあったことについて、喋りました。

 

 

#62 個人事業主の開業届および、青色申告の申請書を提出してきた - YouTube

www.youtube.com

 

 

#63 常駐先での動き方が分からず、エージェントさんに泣きついた話 - YouTube

www.youtube.com

 

 

#64 上の住人から床ドンされたっぽい...? / テックリード日記 - YouTube

www.youtube.com

 

 

#65 禁煙失敗 / AmazonMusicからAWAへ / 現代中国SFアンソロジー「折りたたみ北京」 - YouTube

www.youtube.com

 

 

#66 国民年金に切替&iDecoやりたい / 宮益坂ランチ / 資産運用セミナーに参加 - YouTube

www.youtube.com

 

 

#67 ついに、ふるさと納税デビューした!

www.youtube.com

 

 

#68 フリーランス、初めての残業 / 資産運用、初めての下げ相場 / 読書と書評と、深夜のジム - YouTube

www.youtube.com